MUNNINの止まり木

セックヴァベック宮、伝承神サーガの寝室には
ワタリガラスの姿をした使い魔MUNNINのための止まり木があった・・・
■ ロボ子さんといっしょ――ロボ子さん、不可能に挑戦する。

43 ロボ子さん、不可能に挑戦する。

『一号機さんはババァくさいアンドロイドーーッ!』
 ロボ子さんのその声は、同田貫一家の門前から発せられ、村中に響き渡った。
『こんなの言えませんよ、不可能ですよ。一号機さんは強いんですよ。一号機さんの前でぜったい言っちゃいけませんよ!』
「たった今、言ったじゃないか!」
「思いっきり叫んだじゃないか!」

ロボ子さんといっしょ。
43話――『ロボ子さん、不可能に挑戦する。』
https://ncode.syosetu.com/n9675ep/43/

JUGEMテーマ:自作小説



| ロボ子さんといっしょ。 | 16:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
■ ロボ子さんといっしょ――ロボ子さん、明晰夢を見る。

42 ロボ子さん、明晰夢を見る。

 これは夏祭りなのだろうか。
 ロボ子さんは目の前に広がる光景をぼんやりと眺めた。
 雪洞の柔らかい明かりの中、人々が集まっている。大勢の人々のざわめきが聞こえてくるのに、そこに言葉がない。人々に顔がない。雪洞の明かりが淡いせいなのか、顔が見えない。
 まるで幻燈のような光景だ。

ロボ子さんといっしょ。
42話――『ロボ子さん、明晰夢を見る。』
https://ncode.syosetu.com/n9675ep/42/

JUGEMテーマ:自作小説



| ロボ子さんといっしょ。 | 17:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
■ ロボ子さんといっしょ――ロボ子さん、テンション上がる。

41 ロボ子さん、テンション上がる。

 とにかく買い物に行けるのはうれしい。テンションが上がる。
 テンションが上がっているのは、閉ざしていた雨戸を開けることができるようになったのも大きい。雪国の暗い冬の空しか見れなくても、雨戸に閉ざされているよりははるかにマシだ。
『さて、行きますッ!』
 ロボ子さん、ペダルを漕ぎ始めた。

ロボ子さんといっしょ。
41話――『ロボ子さん、テンション上がる。』
https://ncode.syosetu.com/n9675ep/41/


JUGEMテーマ:自作小説



| ロボ子さんといっしょ。 | 19:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
■ ロボ子さんといっしょ――ロボ子さん、空間を越える。

40 ロボ子さん、空間を越える。

 見知らぬ部屋の中で、板額さんが椅子に座ってこちらを見ていた。
『ここは……』ロボ子さん、ドアノブを掴んだまま聞いた。『もしかして、えっち星なのですか、板額さん』
『たぶん、そのようです。たった今、自信を失いましたが』
 やばい。
 いくらなんでもやばい。
 ロボ子さん、力が入ってもう少しでドアノブを握りつぶすところだった。

ロボ子さんといっしょ。
40話――『ロボ子さん、空間を越える。』
https://ncode.syosetu.com/n9675ep/40/


JUGEMテーマ:自作小説



| ロボ子さんといっしょ。 | 17:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
■ ロボ子さんといっしょ――ロボ子さん、夏への扉を探す。

39 ロボ子さん、夏への扉を探す。

 おかしいな、これはなんの戸だったろう。自分はアンドロイドだから、曖昧な記憶なんてないのだけど。そのはずなのだけれど。
 ドキドキする。
 本当に、まさか、夏への扉?
 ロボ子さんはその戸を開けてみた。

 そこに夜の海が広がっていた。

ロボ子さんといっしょ。
39話――『ロボ子さん、夏への扉を探す。』
https://ncode.syosetu.com/n9675ep/39/

JUGEMテーマ:自作小説


| ロボ子さんといっしょ。 | 17:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< 2/11PAGES >>



CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>


CATEGORIES


LINKS
OTHERS
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode